>

様々なカメラ部品を開発

カメラのシャッターユニット

カシャカシャとカメラのシャッターを切る音は、カメラで撮影することの魅力の一つです。近年は、スマートフォンやデジタルカメラなどで写真撮影をする方も多いため、シャッターには馴染みのない方もいらっしゃるでしょう。しかし、カメラのシャッターユニットは現在でも安定的な需要があり、新亜光学株式会社も開発、製造しています。

例えば、新興国では現在もシャッターを用いたカメラの使用が一般的で、需要が高くなっています。また、一眼レフなどのカメラでは、どんどん新製品が出ており、カメラ好きの方の買い替え需要も高いです。現在、新亜光学株式会社は、シャッターユニットを一年で一億台程出荷しています。

お客様からのカスタム要求にも完全に答えているので、今後も信頼を維持していくことでしょう。

あらゆる場面で活躍するTDNユニット

新亜光学株式会社が製造するカメラ部品の一つにTDNユニットというものがあります。こちらの名前を聞いても、ご存じでない方が多いかもしれませんが、私たちの生活のあらゆる場面で活躍しているものです。

TDNユニットは、防犯カメラ・監視カメラで使用される部品です。今や、防犯カメラは生活のあらゆる場面で使用されています。何かあったときに私たちを守ってくれる存在です。また、問題が起きないための抑止力ともなっているでしょう。

防犯カメラは24時間作動しているものが多いです。昼の明るい時間帯から、夜の暗い時間帯まで、どんなときにでも被写体をしっかりと捉えるために、TDNユニットが重要な役割を果たしています。新亜光学は高品質の部品を製造しています。


この記事をシェアする